急性音響性難聴(きゅうせいおんきょうせいなんちょう)

ロックミュージシャンのコンサートの開催されるホールやダンスを踊るためのフロアなどに据えられている巨大なスピーカーの真横で爆音を浴びて耳が聞こえづらくなる症状を「急性音響性難聴(きゅうせいおんきょうせいなんちょう)」と呼んでいるのです。
アメリカやヨーロッパ各国においては、新しく開発された薬の特許が満了した30日後、市場の約8割がジェネリックに切り替わるという薬品もある位、ジェネリック(後発医薬品)は地球上に採用されているという現実があります。
体を維持するのに必要なエネルギーの源として速攻で役立つ糖分、細胞の生まれ変わりに必要な蛋白質など、行き過ぎた痩身ではこの2つに代表される様々な活動を維持するために外すことができない栄養素までもを減少させてしまっている。
ビタミンB1不足が原因の脚気の症状は、主に両手両足が痺れるような感覚があったり脚の浮腫みなどがよく見られ、症状が進んでしまうと、最悪のケースでは呼吸困難に陥る心不全などを齎すことがあります。
「あまりにも忙しい」「わずらわしいいろんな付き合いが嫌でしょうがない」「先端技術や情報の高度な進化に付いていくのが大変」など、ストレスを受けやすい状況は一人一人違うようです。

期外収縮(きがいしゅうしゅく)は、病気ではなくても症状が見られることがあるので難しい心臓疾患ではないにせよ、発作が幾度も繰り返して発生する場合は楽観視できないといえます。
脂溶性のV.D.は、カルシウムが吸収されるのを促すという働きが知られており、血液の中のカルシウムの濃度を操作して、筋肉の動き方を操ったり、骨を作り出してくれます。
めまいが診られず、強い耳鳴りと低音域の難聴を複数回発症するパターンを区別して「蝸牛(カタツムリ)型メニエール(メヌエル)病」という病名で呼ぶ症例があるそうです。
UV-Bは、UV-Aと比較して波長が短いという特徴があるため大気中に存在しているオゾン層で一部が吸収されるのですが、地表に届いたUV-B波は皮膚の表皮の中で細胞の遺伝情報(Deoxyribo Nucleic Acid)を傷つけたりして、皮膚に良くない影響をもたらすのです。
「ストレス」というのは、「なくすもの」「除去すべき」ものと思いがちですが、その実、私たちヒトは大なり小なりのストレスを感知しているからこそ、生き延びていくことができています。

もう歯の周りを覆っている骨を浸食するまでに症状の進んでしまった歯周病は、悲しいことに炎症そのものが沈静化することがあっても、骨が元通りに復活するようなことはないに等しいと言われています。
スギの花粉が飛散する1月から4月の時期に、まだ小さなお子さんが発熱はしていないのに頻繁にくしゃみしたり水っ洟が止む気配をみせない症状なら、もしかしたら『スギ花粉症』の可能性が高いといえます。
乳児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、長きに渡って採用されてきた生ワクチンにかわる新しい手段として、平成24年9月1日から正式に定期接種として導入されるので、病院などで個々に注射するに変わります。
ポリフェノールに代表されるフィトケミカルの仲間であるイソチオシアネート類のスルフォラファン(sulforaphane)という化学物質について、肝臓に存在している解毒酵素の機能的な生産活動を支えているかもしれないという可能性が判明しました。
胃食道逆流症(GERD)の一種である逆流性食道炎は、食事内容が欧米化したことに加えて煙草・アルコールの常飲・肥満症などのライフスタイルの悪化、ストレスなどによって、ここ数年日本人に増えつつある病気だといえます。妊娠初期の葉酸不足、とってないとどうなるか